コンタクトレンズと目の乾燥

コンタクトレンズを着けると、目が乾燥しやすくなります。特にソフトコンタクトレンズは、その装用者の80%以上が乾燥を自覚していると言われています。乾燥の原因は、コンタクトレンズが涙の力を使って目の表面に浮かび、視力矯正してくれているからです。それにより、涙がコンタクトレンズに吸い取られたり、涙が蒸発しやすくなります。ドライアイになると、目に傷がつきやすくなってしまいます。そこで、ドライアイを防ぐ方法をいくつか紹介します。
まず、まばたきを意識してこまめにすること。まばたきには、涙を目に運んで乾燥を防ぐ役割があります。まばたきの回数が減ると、涙が十分に補充されなくなり、乾燥を招いたり、傷がついたりします。特に、長時間パソコン作業などに没頭する際は、まばたきを忘れないように気を付けましょう。
また、目薬の使うことも有効です。コンタクトレンズ装用中でも使用可能な涙と同じ成分でできた目薬を、用法・用量を守って点眼するようにしましょう。
コンタクトをつけっぱなしにしておくのも危険です。乾燥して目に貼り付くようになったり、目に負担がかかりますし、細菌が繁殖して角膜漬傷を起こす原因ともなります。きちんと装用可能時間を守り、正しい洗浄方法、保存方法でケアして清潔に保ちましょう。
何をしても乾燥が解消されないような場合は、そのコンタクトレンズが目に合っていないのかもしれません。すぐに眼科へ行って相談してみましょう。
コンタクトレンズがずれて目の奥の方に入ってしまった時、目の裏側まで回り込んでもう取れないのでは、と心配したことがある人も多いと思います。そんな時の対処法を紹介します。
まず、結膜(白目)は袋状になっているので、外傷で切れたりしていない限り、目の裏側にコンタクトレンズが回ってしまうことはありません。ただ、結膜の左右や下側はせまいのですが、上側にはかなりのスペースがあるので、上の奥の方まで入り込んで取れなくなることはあります。hjrsr
探す時は、できれば人に手伝ってもらうと良いでしょう。仰向けに寝て、誰かに上まぶたを反転してもらいます。そして下まぶたも下に引っ張ってもらい、眼球を左右上下に動かしてコンタクトレンズがないかを見てもらいます。自分が目を動かしたのと反対側を探してもらいましょう。ほとんどの場合、上まぶたから見つかります。乾燥を防ぐために目薬を点眼しながら行うことをおすすめします。
もし自分1人で探す場合は、ずれた方向と逆の方を見て、コンタクトレンズを触りながら中央の方に動かしてみます。奥に入り込んでしまい、どうしても自分で取れない場合は、眼科へ行きましょう。放置して長時間経過すると、できものなどができてしまったという例もあります。コンタクトなら【http://goace.jp/】こちらのエースコンタクトへお問い合わせください。
基本的には、ずれた後に全く違和感がなければ、コンタクトレンズは落ちてしまっているでしょう。少しでも違和感がある場合は、まだ目の中に残っている可能性があるので、自分で見つからない時は眼科を受診してみましょう。

Copyright(C)2014 コンタクトの値段ってどれくらい? All Rights Reserved.